HOME患者様・一般の皆様前立腺がんの治療について
前立腺がんの治療について

「前立腺がんの治療」において、チタンの中にヨウ素125という放射線物質を密封した米つぶほどの小さな「シード線源」と呼ばれるものを前立腺にいくつも埋め込んで、そこから少しずつ放出される放射線によって治療する方法があり、一般的に「小線源治療」や「ブラキ治療」と呼ばれています。

「前立腺がんの治療」としては、この「小線源治療」の他に、手術による治療(開腹手術、腹腔鏡手術、ロボット手術など)、ホルモンによる治療、体の外側から放射線を照射する治療、がんの進行度合を経過観察する化学療法など、がんの進行具合や医療機関の治療方針によって最も患者様にあった治療が選択されます。

下記にも関連情報がございますのでご覧ください。

  • ブラキ・サポート