HOME患者様・一般の皆様そけいヘルニアについて
そけいヘルニアについて

「そけいヘルニア」とは、一般的に“脱腸”と呼ばれています。とくに成人になってからの「そけいヘルニア」の場合、加齢とともに下腹部から足の付け根(そけい部)にかけて体の中の組織が弱くなり、そこから腸に押されてお腹の膜が飛び出し、外から見てポコっとふくれることで「そけいヘルニア」と診断されます。

「そけいヘルニア」は自然に治ることはなく、治療には手術が必要となります。多くは人工的な補強材(メッシュなどと呼ばれる)を使用し、術後の痛みも少なく早期に社会復帰できます。また弱くなった部分を縫い合わせる方法もあります。

人工的な補強材(メッシュ)にはいろいろなタイプのものがあり、医療機関によって様々な手術法で治療されています。

そけいヘルニアについて

下記にも関連情報がございますのでご覧ください。

  • ヘルニア倶楽部