HOME患者様・一般の皆様組織生検について
そけいヘルニアについて

「組織生検」とは、一般的に病気と疑われる体の一部分をメスや針などの専用の器具によって少しだけ取り出し、顕微鏡などによって調べる検査のことです。検査の結果、本当に病気なのかを診断したり、病気の様子を確認することで、お医者様も今後の治療方針を決めていくことができます。

特にがんの診断は、視触診やレントゲン、超音波、MRIなど画像診断と血液検査により、疑いが強くなってから、「組織生検」によってがんかどうかを確定し、がんであれば治療に進みます。

針生検といわれる「組織生検」は一般的に細い針を使って組織を取り出しがん(前立腺がん、肝臓がん、肺がん、甲状腺がん、移植腎がんなど)かどうか調べます。また、乳がんの生検などでは、麻酔を使って比較的太い専用の針と装置を使ってなるべく多くの組織を取ってくることで診断の精度を高める方法がとられるようになっています。