HOME患者様・一般の皆様がんの化学療法について
がんの化学療法について

「化学療法」は、一般的に抗がん剤を使って癌(がん)を治療することを言います。抗がん剤は、癌細胞の増殖を抑えたり、再発や転移を防ぐことを目的としています。
手術や放射線による治療が、癌に対して直接、集中的に治療するのに対し、「化学療法」は、より広い範囲への治療の効果が期待されています。

「化学療法」は、手術や放射線による治療と組み合わせる場合もあり、また、1種類の抗がん剤で治療する以外に、いくつかの抗がん剤を異なったタイミングで組み合わせて使用することなどが一般的に方法になっています。

抗がん剤の使用には、飲み薬や血管への点滴での注射、カテーテルと呼ばれるチューブを血管に挿入したり、ポートと呼ばれる医療機器を皮下に埋め込んだりして、そこから送り込むなど様々な方法があります。

がんの化学療法について

下記にも関連情報がございますのでご覧ください。

  • 化学療法サポート