HOME患者様・一般の皆様胃ろうについて
胃ろうについて

「胃ろう」は、脳血管障害などにより、口から食べることが困難になった場合に栄養を維持する方法のひとつとして、お腹と胃に通り道を造り、専用のチューブを通して直接胃に栄養剤を流すための“お腹の口”と言えます。鼻からのチューブを通じて栄養剤を送り込む「経鼻栄養」とは異なった方法となります。

「胃ろう」は、内視鏡を使用してPEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)と呼ばれる比較的容易な手技で造ることが多く、使用する専用チューブは患者様の状態によって選択されます。

「胃ろう」を造った後の栄養剤投与や皮膚管理などは、医療機関のほかに自宅や訪問看護施設で行われることがあります。

胃ろうについて

下記にも関連情報がございますのでご覧ください。

  • PEG - 胃ろうによる栄養療法