HOME患者様・一般の皆様足の動脈硬化について
足の動脈硬化について

「動脈硬化」は、一般的に動脈内にコレステロールなどがたまり、血管が狭くなることで血液が流れにくくなる病気です。足の動脈硬化に多い「閉塞性動脈硬化症」は、足のしびれや痛みをともなうもので、放っておくと壊死したり、最悪の場合、足を切断したりすることにもなり得ます。

「足の動脈硬化」があるということは、体の他の部位でも動脈硬化が進行している可能性があります。首から脳にかけての「動脈硬化」は脳卒中の原因になり、心臓では心筋梗塞を引き起こす可能性が高くなります。従って、足の血管の異常を発見することは、全身の血管の病気を早期に発見することにもつながります。

生活習慣の改善はもとより、「足の動脈硬化」の治療は、手術のほか、血管内の狭くなった動脈部分を、専用の「バルーン」や「ステント」と呼ばれる医療機器を挿入して広げる方法などがあります。

下記にも関連情報がございますのでご覧ください。

  • e-血管