HOMEメディコンについて子育てサポート「くるみん」
子育てサポート「くるみん」
「くるみん」は厚生労働省の一般公募により決定したマークで、赤ちゃんが大事に包まれている「おくるみ」と、「職場ぐるみ・会社ぐるみ」で子どもの育成に取り組もう、という意味が込められています。
次世代育成支援対策推進法では、事業主は従業員の子育て支援のための行動計画を策定・実施し、その結果が一定の要件を満たす場合に、厚生労働大臣の認定を受けることができるようになっています。
メディコンは、次世代育成支援対策行動計画において、従業員の出産・育児支援対策を実施し、行動計画に定めた目標を達成しました。さらに、厚生労働省が定める9つの認定基準を全て満たし、「基準適合一般事業主」に認定されました。
くるみんマーク
次世代育成支援対策行動計画
2015年4月1日~2017年3月31日
目標1
テレワークを導入することで、インフルエンザによる学級閉鎖等、子の看護とは別の理由でやむを得ず欠勤しなければならない場合でも仕事ができる環境を整備する。
目標2
妊娠中や産休・育休中、復職後の女性社員のみならず、子育てをしながら働く社員のための相談窓口を設置する。
メディコンは、今後も継続して従業員の出産・育児支援およびワークライフバランスを推進し、子育てする従業員はもちろん、全ての従業員が働きやすい職場作りに取り組んでいきます。