会社沿革
  • 1970年代
  • 1980年代
  • 1990年代
  • 2000年代
  • 2010年代

株式会社メディコンは1972年6月2日、「日本メディコ」として設立。初代社長は小林一雅、社員2名でのスタートです。
当時は手術用不織布ディスポーザブル製品(キャップ、フェイスマスク、ガウン、シューカバー等)、手術室用ディスポーザブル製品、中央材料室用ディスポーザブル製品、検査用ディスポーザブル製品、泌尿器科ディスポーザブル製品(CSバッグ、ディスポーザバッグ等)の輸入販売を行っていました。

1972

株式会社日本メディコ設立。
 代表取締役社長:小林一雅
 本社所在地:大阪市東区道修町5-25
本社を大阪市東区淡路町4-5に移転。
バード製不織布製品導入。手術室・中央材料室・検査分野に進出。

1974

バード製フォーリーカテーテル導入。泌尿器科分野に進出。

1975

社名を株式会社メディコンに変更。

1976

株式出資比率が小林製薬株式会社50%、C. R. バード社50%となる。

1978

インスピロン呼吸器関連製品導入。麻酔・酸素療法・集中治療分野に進出。
本社を大阪市東区内久宝寺町3-25に移転。